40.アードマン・アニメーションズが目指すもの

40年に渡り、アードマン・アニメーションズは数多くの魅力的な作品を生み出しました。全てのストーリーやキャラクターは、「もしこんな風にしてみたらどうなるだろう」という、スタッフのユーモア溢れる好奇心から生まれたものです。テクノロジーの発達に伴いアードマンの技術も劇的な進化を遂げてきました。しかし、「人々を楽しませるアイデアを形にするための努力と情熱は昔から変わらない」と、共同創設者のピーター・ロードは語ります。ひとつのセットで1日6秒の映像しか撮れないという、気が遠くなるような撮影の裏側には、現在総勢150名以上のスタッフの作品にかける熱い想いとファンへの愛があるのです。ウォレスとグルミット、こひつじのティミー、そしてひつじのショーンをはじめとするアードマンの仲間たちを愛してくださる全ての皆さまのために、これからもアードマン・アニメーションズの躍進は続きます!

39.世界のアードマン

全世界170か国で放映されているアードマン作品!まずはアジアから。チャリティイベント『Gromit Unleashed』のアジア初の開催や、アードマンのパペット職人を講師に迎えたパペット制作ワークショップを開くなど、香港の人々はアードマンが大好きな様子。インドネシアでは、子どもの発育に良い健康飲料やおやつのパッケージにショーンが登場しています。ショーンの世界を劇で楽しめる『Shaun The Sheep LIVE!』は、中東をはじめとする世界各国をツアー中です。また、ヨーロッパでの人気も負けていません。スウェーデンでは昨年夏、世界初のショーンの屋外テーマパーク『Fåret Shaun Land』がオープンし、トラクターに乗って牧場を冒険するアトラクションライドが楽しめます。本国イギリスでは、国内でNo.1の訪問者数を誇る遊園地プレジャー・ビーチ・ブラックプールに、ウォレスとグルミットのジェットコースター『Wallace & Gromit’s Thrill-O-Matic』があります。アードマンの魅力はとどまるところを知りません!

38.アードマンとチャリティイベント

世界中の子供たちを幸せにするために、アードマン・アニメーションズは精力的に慈善活動を行っています。ディズニー・ピクサーが監修した「バズ・ライトイヤーモデル」が話題になった『Gromit Unleashed』を皮切りに、2015年にはロンドンとブリストル両都市に120体もの巨大ショーンが展示するというイベント『Shaun IN THE CITY』を開催。これらのスタチューは展示後にオークションにかけられ、そこで集まったお金はイギリス全土の病院に寄付されました。このチャリティイベントは『Shaun IN SHIBUYA』として日本でも開催、「ハローキティモデル」や「エヴァンゲリオンモデル」、「お寿司のショーン」などまさに日本ならではのデザインのショーンたちも登場しました。こちらのオークションは、3月に終了し各地にショーンたちは旅立っていきました。アニメーションのみならず、アードマンは様々な分野で子供たちの笑顔のために尽力しています。

35.アードマンの恋人たち

アードマン作品には、甘酸っぱいロマンスの要素も欠かせません。ウォレスは1995年の『ウォレスとグルミット 危機一髪!』のウェンドレン、2006年の『野菜畑で大ピンチ!』のレディ・トッティントン、そして2008年の『ベーカリー街の悪夢』のパイエラの3人に恋をし、残念ながら全て失恋しています。グルミットは惚れやすい主人とは対照的に恋の噂は長らくありませんでしたが、『ベーカリー街の悪夢』でパイエラが飼っている可愛らしいプードル犬・フラフルズと恋に落ちています。ショーンとビッツァーもそれぞれ自分にそっくりなひつじと犬に出会い、ひと時のロマンスを楽しみますが、結局切ないお別れをすることに。実らぬ恋が多い中、牧場主だけはピンク色の髪のグラマラスなガールフレンドがいるようで、何度かデートを重ねています。全員に春が来るのはいつになるのでしょうか。

26.リチャード・スターザック

リチャード・スターザックは、「ひつじのショーン」シリーズの生みの親で、通称ゴリー監督。1983年にアードマン・アニメーションズに入社した大ベテランであり、長年に渡ってアードマンに貢献してきたスタッフの一人です。9年間社員として働いた後、フリーランスとしても活躍、そして再び2005年に会社に戻ってきました。『レックス・ザ・ラント』シリーズや、『快適な生活』のリメイク版を作るなど精力的に作品を生み出してきましたが、一番の転機となったのが2006年に「ひつじのショーン」のテレビシリーズの監督を務めたこと。現在はショーンの制作を中心に、アードマンの放送・開発部門のクリエイティブ・デイレクターに就任して全体の統括にもかかわっています。ゴリー監督の描くショーンのコンセプトアートは、実写とはまた違う愛らしさがありますね。

PAGE TOP